最新記事
大都市解躰新書

選挙制度改革は日本の夜明けの一里塚
政治と行政の一元化こそ政治の劣化を止められる
3,300人清川村 370万人横浜市
これで良いのか? 基礎自治体

【街づくり】 【繁華街の再生】 【商店街の活性化】 政治家、行政マン、誰もが異口同音に声高に叫ぶ。しかし実態は厳しいものがあり、成果が報告されることはほとんどない。

続きはこちら >>

政策ルーム 「若松新生」

 京急中央駅徒歩1分。中心市街地のド真ん中に位置しながら、ゴースト・タウン化する新生若松商業組合。かつては100店舗以上が大いなる「にぎわい」を演出していた。

続きはこちら >>

政策ルーム 「若松新生」

 この神奈川新聞の特集記事はここ数年来、出かけてきた再生プロジェクトです。 ようやく街の気運が盛り上がり行政の支援を受けながら軌道に乗りつつあります。

続きはこちら >>

政策ルーム 「若松新生」

 昭和30年代〜40年代、戦後の荒廃からの逞しい復興は多くの国民の国や子供達への熱い想いがその原動力であった…

続きはこちら >>

 政治の劣化より行政の劣化の方がより深刻かも知れません。 政治主導で道筋をつけることが求められています。 財政難を理由に、保護されている・・・

続きはこちら >>


 戦後の荒廃から日本再建に向けて、経済の復興に全国民が必死の汗を流した。 娯楽と地方財政の危機を救済する為、競輪事業は大きな貢献を果たしてきた・・・

続きはこちら >>

「商店街は街の顔」神奈川県商店街活性化条例施工

 商店街の「にぎわい」は昭和時代の産物なのか? 商店街の歯の抜けたような状況を称して「シャター通り」「シャター商店街」と呼ばれて久しい。

続きはこちら >>
神奈川県商工労働部 商業観光流通課作成パンフレット(PDF)はこちら >>


 ようやく道州制の論議が高まってきました。政府や自民党、野党のなかでも積極的な発言をする議員も目立ってきました。又財界や商工会議所関係者にも賛成者が増加しているようです。

続きはこちら >>

 国、地方ともに極めて厳しい財政状況にある。国民一人あたり800万円〜900万円の借金を背負っている。こうした体質を改善し閉そく感を打開する為には、国のカタチ、地方のカタチを抜本的に見直さなければならない・・・


本文はこちら>>
PDF版「県議連ニュースvol.02」はこちら>>

2007年11月14日、最後の南極観測へ出航した「しらせ」。その長年にわたる多大な功績と、帰国後の処遇について…。 『正論』 2008年2月号に抜粋掲載された論文 "「しらせ」最後の航海に想う”の全文を紹介。
 日本は世界一の長寿国になりましたが、国民の病気による死亡の約30%は、がんが原因であり、神奈川県においても、昭和53年以降、がんによる死亡が1位となっており、県民の方の約3人に1人ががんで亡くなられています・・・
昨年に続き、「青春かながわ校歌祭」が開催された県立青少年センターは、みなとみらい地区から野毛にむかって急な坂道を登る小高い丘の上にある…
マッキーマジックは市民が主役です。
これからもあなたの声を政策立案につなげ三浦半島の活性化の原点にします。

青少年によるインターネット犯罪や薬物乱用を防ぐため・・・

牧島功県議、初代会長に就任

2007年4月29日 夢のコラボレーションが実現

海洋アスリートとして著名な『荒木汰久治さん』 夢の講演会のお知らせ

海・夢・未来を語ろう!子供たちのために

無事神奈川県庁へゴールした感動の旅

感動のフィナーレ!「『しらせ』からのメッセージ」
・まもなくフィナーレを迎えるその活動を通じて

話題を呼んだ産経新聞掲載論文

投票結果発表

・三位一体論 Vol.3 (いよいよ完結)
三位一体論 Vol.2
三位一体論の真実 連載開始!

東京海洋大学 横須賀・浦賀誘致計画 (詳細報告)
東京海洋大学 横須賀・浦賀誘致計画プレゼン資料

三浦半島、横須賀の経済は明るい材料に乏しい・・・・・  

厳しい融資環境にある中小企業、その命網は保証協会・・・・・  

臨時特定企業税のゆくえ!

選挙制度改革で政治への閉塞感と不信を打ち破ろう!

県議会9月定例会、自民党の政調会長として代表質問を行った際の報告を致します。  

この選挙で示された民意とは・・・・・



HPのフローチャート