前のページへ
マッキー’s EYEのトップへ 次のページへ

 来日外国人の犯罪が急増している。併せて組織化もすすみ、凶悪化も進行している。 又、検挙率も下がり治安の悪化はますます深刻化している。 世界一安心、安全な街、国、日本の将来はどうなるのか、国民的課題てして、とり組まなければならない。 一方、神奈川県警をはじめ警察の不祥事が多発していることも事実であり、 信頼をとりもどす為の県警の努力も広く求められている。こうした環境を正面から見据え、 今回のレポートは外国人犯罪について報告し、県警の苦悩にも言及していきたい。  

平成2
3
4
5
6
件数 6345 10244 12153 19671 21574
人員 4770 7270 9456 12467 13576

平成7 8 9 10 11
12
24374 27414 32022 31779 34398
37000(推定)
11976 11949 13883 13418 13436 14000(推定)
 
 以上のように刑法犯、特別法犯の検挙率はうなぎ昇りの様相を呈している。これは文字どおり検挙の数であって、犯罪発生はおよそ10倍程度とみられており、数字の上からも深刻さは深まるばかりである。
 
〈最近の犯罪の概要〉
  来日外国人の犯罪、総検挙数は前年比8.2%増、うちアジア出身者は80%、中国人は全体の40%を占める。
  外国少年による犯罪の増加、少年犯罪は599人に達し(4.2%増)ている。 国別ではブラジル少年が37%、次いて中国少年は26.4%。
  地方への拡散、東京における犯罪が減少し地方に進行している。
  不法滞在者の犯罪は全体13,436人(平11)のうち7837人、58%に達している。
 
〈国際犯罪組織について〉
次に主たる組織について報告する。

香港三合会
 香港を拠点として、あらゆる非合法ビジネスを手がける本格的組織(新義安、14K等)、 早くから欧米、アジアに勢力を有していたが最近は日本に進出している。

蛇頭
 中国から日本、米国等の外国への密入国をビジネスとして行う、密航請負い組織、 世界的な規模で広がる人的ネットワークを基盤としている。

ロシアマフィア
 ソ連邦崩壊にともない、市場経済移行の過程で誕生。 国外では主として薬物の取引き等、非合法ビジネスを行っている。
他にもイラン人薬物密売グループ、さらに韓国人すり団等が組織的に活動を続けている。となっており、本県の特徴の一つとしてペルー人犯罪が全国と比して多くなっているのが判かる。その他、国内自動販売機に大きな影響を与えた変造韓国500ウォン事件や、ヒットアンドアウェイ型犯罪の多発、更に身代金目的誘拐事件が頻発しており、犯罪の国際化はとどまることがないのが実態である。

前のページへ
マッキー’s EYEのトップへ 次のページへ