マッキー's EYEのトップへ 次のページへ

 東京湾は全世界屈指の船舶の往来がある。東京港、川崎港、横浜港、横須賀港、いずれも安全で安心できる良港である。 まさに通商貿易の拠点であり、日本のエネルギーを支える起点でもある。

 また客船の出船、入船は世界の玄関でもある。 更に日本の安全保障の要でもあることも論をまたない。

 同時に水質の改良とともに海の生態系も復活しつつあり、江戸前の魚介類は貴重な資源として首都圏の台所を担っている。 金田湾は独自の海の幸の宝庫となっている。 長く続く三浦海岸の砂浜は人々の財産として新しい海の文化を育てている。 入りくんだ小さな入り江ではその狭さゆえの景観とまれな恵みを私達に提供してくれている。


 相模湾は文字どおり「命の海」であり、「昭和の海」である。黒潮と深い緑がもたらす素晴らしい漁場である。 同時に海洋レジャーのメッカでもあり、ヨット発祥の地でもある。 なだらかな丘陵地域は雪や霜もない温暖の丘であり、生産させる農産物や葉山牛を育てている。

 あわせて近代日本の夜明けを築き上げてきた人々の「物づくり」の技能は受け継がれ人間力のポテンジャルと文化度は極めて高い。

 しかし残念ながらここ数年、豊かな自然環境から人々は次々に別れを告げ他都市に移転している。

 何故だろう? いくつもの複合体的要素はあるにせよ、根幹は雇用を支えていた企業の撤退が要因であることはまぎれのない事実である。

 関東自動車工場、住友重機、日立田浦、日立久里浜、日産自動車久里浜工場、富士電機、ニチロ漁業、こうした大企業の撤退に伴い発生する下請け中小企業も横須賀の地に別れを告げる。 深刻な事態と受け止めるべきなのである。

  しかし「物づくり」での都市再生は極めて難しいと言わざるを得ません。 何故なら、日産や住友に変わる企業が果たしてあるのでしょうか。答えは NO です。それならば新たな処方箋を創っていかなければなりません。

 愛・夢・希望・感動をキーワードにプロジェクトの研究、検討をすべきだと考えています。

 湘南国際村、 Y.R.P 、海洋機構、県立福祉大学、神奈川歯科大学、防衛大学といった機関をネットワークし、「学術学園都市構想」に取り組んでいきます。


マッキー's EYEのトップへ 次のページへ